クリスマス前の日曜日に毎週一本ずつ、計4本のろうそく(Adventslys/ljus)を灯す文化があり、しばしばリース上になった飾りの上に用意されAdventskransと呼ばれます。今年はAdvent企画として、毎週日曜日にデンマークとスウェーデンのクリスマスに関する映画の紹介を行います!第一弾は昨年公開されたデンマークのクリスマス映画、Den tid på åretについてご紹介します!

 

Den tid på åretは2018年に公開された、デンマークのクリスマス映画です。タイトルは直訳すると「その年のこの時期」。国民的人気女優であり、本作の主演兼監督を務めたPaprika Steenをはじめ、実力派俳優らが多数出演しています。日本のお正月のように、親戚たちが年に一度集う機会となるデンマークのクリスマス。そんな日だからこそ、普段は何とかやり過ごしていたような親戚とのわだかまりや、些細なあれやこれやと直面しなくてはいけない側面も…。そんな一年の中でも特別な日を、デンマークらしいブラックユーモアたっぷりに描いた一作です。楽しいだけではすまないけれど、なんだかんだで憎めない、デンマーク人にとってきっとクリスマスはそんな時期であることが、映画からよく伝わってきます。

(デンマーク語専攻  勝矢博子)

​BACK