​Edith Södergran について

エーディット・スーデルグラン (Edith Södergran) は1892年にフィンランドに生まれ1923年、31歳で夭折した北欧女性詩人です。彼女は短く孤独な生涯のなかで、わずか4冊の詩集を世に送り出したにすぎず、もちろん存命中に名が知られていたわけでもありません。しかし没後2年目に5番目の詩集が遺稿として友人によって出版され、その後まもなく文壇の注目を浴び始めます。1920年代、とりわけスウェーデンをはじめとした北欧モダニズム詩人たちの詩作にインスピレーションを与え、その影響は21世紀の今なお衰えることがありません。真摯に生と死を見つめ、ときに抒情的な、ときに実存的な、ときに謎めいた詩を陸続として紡ぎ上げ、フィンランド・カレリアの地に短くも強烈に燃え尽きた芸術家スーデルグランの全貌は拙著『待ちのぞむ魂 スーデルグランの詩と生涯』(春秋社、2012年)をご覧いただければと思います。ただ残念ながら全詩集の全訳掲載には至りませんでしたので、本HPにて未訳の詩を発表年次順にアップしていきたいと思います。詩の訳と訳の合間にときおり、詩の背景や訳の問題点についてコメントを挟んでいくつもりです。

 最初にアップするのは第2詩集『九月の竪琴』(Septemberlyran, 1918) の未邦訳の詩です。『九月の竪琴』では、処女詩集『詩集』(Dikter, 1916)に見られた傾向「憂愁を帯びつつも優しく柔らかく囁くような抒情性」は姿を消し、「生に対する不安」が「生に闘いを挑む雄々しさ」に取って代わり、憂慮や不安を超越した自己確信のようなものが読み取れます。1917年のロシア革命、それを機に勃発した内戦に自らの病との闘いを重ね合わせ、自己の内的革命、再創造を図ろうとしたのかもしれません。

​Edith Södergran の詩 ①

ああ,陽に色づいた私の頂...

(O mina solbrandsfärgade toppar...)

O mina solbrandsfärgade toppar,

tagen I mig tillbaka?!!!

Evigt vill jag bo i Eder ensamma lustgård.

Där allena är mitt hem,

Där eldögda änglar

knäfallande

kyssa bort all längtans dagg från jorden.

 

O mina oförmörkade toppar!

Icke en dag lever jag fjärran från Eder,

osäll skulle jag förgås.

Jorden dog för mig på tredje dagen,

Hennes skogar susa ur en dröm för mig.

Vad äro mig broar, fält och byar?

Fläckar på din renblå himmel,

skugga i ditt ljusa öga, dag,

vargars tjut ur en avgrund.

 

O mina solbrandsfärgade toppar―

―kunde jag byta ut en värld mot min kraft?

Läker jag mig själv,

är denna droppe nog för allt som andas.

Därför, längtan, spänn ditt bröst!

Vilja, väx högt upp i skyarna!

Resen Eder, raska krigare,

lätta och lustiga som beväpnade djävlar!

―――――――――――――

Vit jord och hög himmel

lägga vi till Edra fötter, solbrandsfärgade toppar.

ああ,陽に色づいた私の頂

あなたは私を連れ戻してくださるのでしょうか?!!!

いつまでも私は誰もいないあなたの楽園で暮らしたい.

そこにしか我が家はないのですから

そこでは燃えるようなまなざしをした天使らが

ひざまずいて

地上からあこがれの露を一滴残らず口づけして取り去ります.

 

ああ,翳ることのない私の頂!

一日たりとあなたから遠く離れては生きていけません.

私はみじめに死んでしまいます.

地上は私にとっては三日目の日に滅んでしまい,

森は私にとっては夢の中からそよぐのです.

私にとって橋とは野原とは村とは何?

真っ蒼なあなたの空にある染み

あなたの明るい目にある日の翳り.

地の底から響く狼の咆哮.

 

ああ,陽に色づいた私の頂―

―世界を自分の力に換えることなど出来るでしょうか?

私の病さえ癒えれば,

このしずくは生きとし生けるものに満ち足ります.

だから,あこがれよ,胸を張りなさい!

意志よ,空高く伸びていきなさい!

立ち上がりなさい,俊敏なる戦士よ

武装した悪魔のように軽快に陽気に

―――――――――――――

白い地と高い天を

私たちはあなたの足元に捧げます,陽に色づいた頂よ. 

(『九月の竪琴』, 1918所収)

​Edith Södergran の詩 ②

​世界は血の海に浸かる…

(Världen badar i blod…)

Världen badar i blod för att Gud måtte leva.

Att hans härlighet fortbestår, skall all annan förgås.

Vad veta vi människor hur den evige smäktar

och vad gudarna dricka för att nära sin kraft.

Gud vill skapa ånyo. Han vill omforma världen.

                      Till ett klarare tecken.

Därför gjordar han sig med ett bälte av blixtar,

därför bär han en krona av flammande taggar,

därför höljer han jorden i blindhet och natt.

Därför skådar han grymt. Hans skaparehänder krama

                                         jorden med kraft.

Vad han skapar vet ingen. Men det går som en bävan

över halvvakna sinnen. Det är som en svindel inför

                                             avgrunders blick.

Innan jublande körer brista ut i en lovsång

är det tyst som i skogen förrän solen går upp.

神が永らえるように、世界は血の海に浸かる。

神の栄光が続くように、すべては滅ばねばならない。

永遠なるものがどれほど思い煩い、

神々が力を養うために何を飲んでいるのか、私たち人間どうして分かろう。

神は世界の新たなる創造を望んでいる。世界を造り変えることを望んでいる。

                より鮮明な徴へと。

それゆえに神は雷光を放つベルトを締め、

それゆえに神は燃えさかる茨の冠を戴き、

それゆえに神は地上を闇夜のなかに包み込む。

それゆえに神は冷酷に眺めている。創造者の手は

                力いっぱい地上を握りしめる。

神が何を創造するのか誰も知らない。

だがそれは醒めやらぬ感覚に戦慄が走るようなもの。

地獄のまなざしを目の当たりにした眩暈のようなもの。

賛歌のなかで突如歓喜の合唱が鳴り響くまでは

陽が昇る前の森のなかのように静寂だ。

​Edith Södergran の詩 ③

​狂気の渦

(Vanvettets virvel)

Akta din båt för övermänskliga strömdrag,

vanvettets virvelstup –

akta din båt för fallets jublande vågor,

de slå sönder.

Akta dig – här gäller icke mera du –

liv och död äro ett för kraftens frenetiska fröjd,

här finnes intet ”långsamt”, ”försiktigt”, ”försök”.

Starkare händer fatta i flykten din åra.

Där står du själv, en hjälte med omfött blod.

Hänryckt i lugnet, ett fröjdebål på speglande is,

som vore dödens bud icke skrivet för dig:

saliga vågor föra din köl framåt.

あなたの小舟よ、人智を超える水の流れに気をつけよ

狂気が渦巻く急な斜面に–

小舟よ、歓声をあげながら落下する波に気をつけよ

波は小舟を打ち砕く。

気をつけよ– ここではあなたはもはや無意味な存在–

力の狂喜を前に生死は一つ

ここに“緩やかで”、“慎重な”、“試み”は何一つない。

強き手が逃がさじとあなたの櫂をつかむ。

そこにあなたが自ら立つ、再生した血の流れる英雄が。

静けさに恍惚として、鏡の氷上に歓び燃える篝火一つ

あたかも死の啓示があなたには顕されていないかのように。

至福の波があなたの小舟(キール)を前へと進める。

電話

T: 072-730-5203
F: 072-730-5203

© 2014 田辺 欧

Wix.comを使って作成されました