作・絵:Anna Höglund(アンナ・フーグルンド)

Förvandlingen

変身

 今日は今年出版されたばかりの絵本を紹介します。 

「騎士」のお父さんと二人暮らしのとある少女。しかしある日、お父さんは一目で人々を石に変えてしまう恐ろしい巨人と戦いに行かなければならなくなりました。一人家に残された少女は、お父さんの帰りをじっと待ち続けます。でも、なかなかお父さんは帰ってきません。少女はいつのまにか、鏡に映る自分の姿に毎晩「おやすみなさい」と言うのが習慣になっていました。 

 ある晩とうとう最後のロウソクが尽きて、あたりが真っ暗になってしまいます。そこで少女は鏡とナイフを持って、お父さんを探しに出発しますが… 

 エルサ・ベスコフの”Tripp, Trapp, Trull och jätten Dumdum”「三姉妹と巨人」というおはなしをリメイクし、絵をつけた作品です。エルサ・ベスコフはそのファンタジックなイラストで広く知られていますが、児童文学作家でもありました。彼女はこうした子ども向けのファンタジーを多く書き残しています。この「三姉妹と巨人」はトリップ、トラップ、トルールという名の三姉妹が、お父さんを悪い巨人から救う冒険物語です。 

 作者アンナ・フーグルンドは、先日紹介したウルフ・ニルションをはじめ、ウルフ・スタルク、バルブロ・リンドグレンなど著名な児童文学作家と多く組んで絵本を制作されています。今作ではエルサ・ベスコフの古典的名作をもとに、彼女独自の解釈を加えて、新しい物語を作り出しています。エッチングによるイラストがとても美しい絵本です。 

 昨年末、Hälsinglands Museumにて、アンナ・フーグルンドの個展が開かれていたそうです。そちらからイラストを紹介。1990年に出版された彼女オリジナルの絵本”Nattresan”「夜の旅」より。 

(スウェーデン語専攻4年 有園)

ベル.png

​back